実演

今日まで博多町家ふるさと館で実演をしていました。

扉など開け放した環境での実演は、夏は暑くて冬は寒い。

どちらも辛いのですが、私の場合は夏の実演の方が苦手です。

嫌じゃないけど本当に疲れる。

なので最終日の今日などは達成感など感じております(笑)

とはいえ、次の実演は来月のお盆の時期。

一番暑い時期になります。

自分にご褒美、何か考えておきます。

本来なら博多は博多祇園山笠の真っ最中の期間で

明日はそのクライマックス「舁き山」があるはずなのですが

今年も新型コロナウイルスの影響で延期になっています。

が、飾り山は飾られていて、それを見物する人々は賑わっていました。

私も3つほど通勤途中に見に行きました。

博多の夏、です(^^)

ふるさと館再開

緊急事態宣言を受けてふるさと館が休館になったときからの続きなので

今回は3日間の実演です。

1ヶ月ちょっと振りなのに、みんなと久しぶりねーって言い合っていました。

何気ない日常って尊いなぁって改めて思いました。

また緊急事態宣言が出ないよう、切に思います!

粛々と

緊急事態宣言が6月20日まで延長されることになり

博多町家ふるさと館での実演お休み期間も延長になりました。

休演になったといっても、個人の作家活動をする時間が増えたということで

決して暇になったわけではないのですが

再開日が決まらないとその後の予定が組めないので

それはそれでストレスです・・・

でも世の中にはもっと苦しんでいる人たちがたくさんいると思うと

のほほんと作業ができることに感謝しなきゃです。

ただいま、新作に向けてのタテツギ中。

どんな風に仕上がるか、ワクワクです(^^)

また緊急事態宣言だ

5月5日から14日までの予定で博多町家ふるさと館の実演に入っていましたが

緊急事態宣言を受けて12日からふるさと館も休館となり

もちろん実演も休みになりました。

実演が休みなら自宅工房で自分の作業をすればいいのですが

今月は26日からの10日間も実演予定だったこともあり

それを含めて宣言が解除されるまで先延ばしになってしまい

なんだか調子が狂ってしまった気分です。

そこで制作意欲が出てきたのが刺繍ブローチです。

作品展を開くときに手作り小物のひとつとして手織りの帯地に刺繍をしたブローチを出品していたのですが

今年2月の展示会以降、制作ペースがグッと落ちてしまっていました。

それが、また制作スイッチが入りそうな気分になっています。

制作といっても、昼ではなく時間がある夜に刺繍をするのですが

緊急事態宣言を良いタイミングととらえて

再開しましょうかね。

何事も前を向いて行かねば!です。

整経やってます

今週は整経ウィークです。

ということで、博多織の学校に機械を借りるために通っています。

福岡にも新型コロナの第4波がやってきているようなので

さっさと終わらせて、なるべく出勤する日数を少なくしたい!

なのでかなりストイックに作業をやっています(笑)

1人で黙々と・・・

博多織ており作家展~手から手へ~

2月22日から開催中です。

コロナの影響がどれほどか心配をしていましたが

それでも毎年来ていただいているお客さまが笑顔で今年も駆けつけてくれると

本当に嬉しく思います!

やっぱり今年もやって良かった~!

28日まで頑張りますp(*^-^*)q

2月になりました

日本伝統工芸展福岡展が開催されたり

毎年2月の開催が恒例になっている手織り博多織のグループ展を開催したり

久々のふるさと館の実演予定が入っている2月になりました。

本来なら気忙しくせかせか動いているはずの2月スタートですが

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出されていることもあり

何となくモヤモヤしたスタートになっています。

とりあえず、2月22日から始まるグループ展に向けての準備をする時間があまりないので

それだけはしっかりとこなさないといけません。

やるべきことは、やらなきゃね。

明日は、2月3日から始まる日本伝統工芸展の展示準備に行ってきます。

2月4日からはふるさと館だし・・・

やっぱり忙しいね。

織るぞ!

タテツギ終わった!

ヨコ糸の管巻きも終わった!

やっと今年最後の帯を織り始めまれます。

今年中に織り終えたいけど

諸々のスケジュールを考えるとギリギリだね・・・

ギリギリでスケジュールを組んだとして

もしイレギュラーで何か用事入ってくると猛烈にストレスを感じてしまう私。

年末年始だから絶対に仕事以外のこともお願いされるだろうし・・・

目標は目標として、でも焦ってキズものを織るのも嫌なので

臨機応変、頑張りまーす。