3月7日から、博多町家ふるさと館での実演に入っています。

今回の実演は帯を織るのではなく

新たなタテ糸を機にかけるタテツギの作業です。

初日は残ったタテ糸の処理や

準備してあった新しいタテイトが巻かれた軸のセッティングを行い

2日目に糸を結び始めましたがすぐに新しい糸に違和感を感じました。

糸が少ない!

糸を数えると、必要な本数の半分しかありませんでした。

それからバタバタと電話をし、あれこれやり取りがあり

今日の夕方に約7,000本を結び終えることができました。

間に合って良かった。

明日帯をすぐに織り始められるところまでセッティングをして

明後日からの当番に交代です。

無事に結び終えると、正直毎回ホッとします。

結び終えるということは、他に新しいタテ糸にミスが無かったということ。

その帰りがけ、ふるさと館を出てすぐのところで

すごい右肩上がりの虹を見つけました。

写真を撮ったらすぐに消えちゃった。

虹を見ると、何だか気分が上がります。

明日までの実演を頑張れそうです。

展示会が始まりました

今日からアクロス福岡の匠ギャラリーにて

博多織ており作家展~手から手へ~

が始まりました。

昨夜から雪の予報などが出て天気を心配していましたが

朝からの搬入にも間に合い

無事にオープンすることができました(^-^)v

今年もイマジンワンワールドキモノプロジェクトで制作した袋帯も展示し

入口がとても華やかです♪

小物も新作をたくさん作ったつもりです。

今日から1週間、頑張ります!!!!!

タテツギ中

 

 

 

 

 

 

 

 

新柄に向けて、現在タテツギ中です。

ブログの投稿については、まだまだアプリが使えず

とても不便。

使ってるバージョンが古いのが原因では?と英語で返信がありましたが

新しいバージョンにアップデートをしてからおかしくなったので

それは違うと思うのですが・・・

平仮名なら入力できるけど濁点とか小さな「つ、や、ゆ、よ」は入力できないとか

漢字変換ができないなどということを

日本語が全く分からない人に理解してもらえるのか?と思ったら

先方との英語のやり取りも面倒くさくなってしまい

もういいや、となってしまっています。

ただ、パソコン用にログインしたものをスマホで入力するのは

スマホアプリの時と比べて数倍時間がかかります。

ますます投稿が滞ってしまいそうだー

_20190919_235844

八月も半ば

アッという間にお盆も過ぎて

残暑といわれる季節になりました。

今も昔も家族の仕事はお盆期間が夏休みというわけでないし

私のOL時代もお盆=お休みではなかったので

仏壇の設えたりお坊さんがお経をあげにきていただいた時にはお盆を感じますが

それ以外は通常営業です。

とはいえ、お盆期間中に機音を響かせるのはご近所さんに心苦しいので

12日までに帯を織り終え

13日からは織り以外の仕事をしていました。

それでもデザインを描いたり、機のメンテナンスをしたりで時間はすぐに過ぎますし

小さな事務仕事も集まれば結構な量になり

織ることに追われずにこれらのことをこなすには

ちょうどいい時間になりました。

来週は整経ウィークなので

そのまま新たに帯を織り始めずに

気になっていた小さなことを片付けていこうと思います。

管巻き

新柄の1本目を織り終えて

2本目のための管巻きをしました。

この1本目、本来なら6月末に織り終える予定で動いていたのに

途中で織機の補修のために一から織り直したり

そうこうしているうちにアテンドとか出張が立て続けに入ってきたり

小物作りや図案を考えていたりするうちに

結局1ヶ月もずれこんでしまいました。

まぁ遊んでいた訳ではないし何事も勉強と思い直して

残りの帯を織っていきたいと思います。

お盆明けには次の帯の整経予定。

忙しいのも有難い思わなきゃね。

上京中

7月12日から青山スクエアで

若手匠衆~夏~

という企画展が開催中。

そのpart1に参加中で

アテンドとして昨日から会場に来ています。

今までは女匠衆という企画でしたが

今回は若手匠衆。

企画は違えど、色んな産地の本物の伝統工芸品が見られるので

参加者としてはもちろん、お客目線でも楽しんでいます♪

今日はpart1の最終日。

最後まで頑張ります。

スッキリ

ちょっと前から、織っているときに気になる現象がありました。

織り戻すときに、ジャガードのシリンダーが上手く回らないことがあったのです。

気になるけど、毎回ではないし

何より織らなければならないという切羽詰まった感じだったので

半回転になったときには(音で分かります)

その都度手で動かしていました。

織り作業が一段落して、原因を調べることにしました。

そうすると、シリンダーを回すツメが引っかける部分が

かなり擦れていることに気がつきました。

でもこれは以前からで

ひどくなったのか、新しいのを買わないといけないのか?と考えていたのですが

一度金属パテで補修してみようと思い

材料を買ってきてやってみました。

これが案外上手くいって、凸凹はなくなるし

ジャガードを動かしても補修した部分は外れることなくくっついていて

成功か!?

と思ったのですが・・・

不具合は変わりませんでした。

ここが原因じゃない!!

ここから、シリンダーの回りのネジなど徹底的に調べてみたり

その回りの部品も調べてみたり

でも全く原因は分からず、どうしたもんかと考えに考え

そもそもジャガードが動く仕組みを改めて考えてみることにしました。

そしてふとひらめきました!

ジャガードの針を、もう少し上まであげてみよう。

そして、ほんの数ミリあげて動かしてみたら

すっかり改善!!

ここだったか~。

全くノーマークのところでした。

これでスッキリ、これまた勉強になりました。

本当なら、分からなかったらすぐに恩師などに聞くのが早いと思います。

でも、何でも自分で考えてやってみたくなる性分です。

前職での新人の頃に

分からないときにはすぐに誰かに聞くのではなく

根拠となる規定や例規、法令を調べるように言われたことを覚えています。

実際には、時間がないときには聞いたりもしていたのですが

自分で調べるという言葉は心に残っています。

その方が確実に知識として頭に残るのは確かだしね。

とにかく、今回はスッキリ解決できて良かったです。

整経終わり

予定したよりも早く整経が終わりました。

後は余ったタテ糸をいつか再利用できるよう

元のように綛に戻す作業のみです。

今までも、整経で余ったタテ糸はほぼ綛に戻していますが

でもまだ使ったことはありません。

それなら捨てればいいのに、という考えにはならないんですよね。

蚕の命をもらった糸、簡単には捨てられません。

いつかやたら縞という形で、何かに使えるようにしたいと思っています。

今回の整経。

縞をたくさん入れていることもあり

色を着けた図案は作らず頭の中だけに完成形があります。

想像どおりにいくかな?

それを見るのは来週か再来週か。

新柄だしとても楽しみです♪